病院

事前に情報を収集する

医学部に進学するためには、予備校に通う人が多くなっています。ただし、一年で学費が100万円くらいかかると言われているので、親御さんとしては大変です。まして、浪人して予備校に通うとなれば、さらに学費がかかります。

レディ

仲間と共に過ごす時間

ゼミ合宿には、生徒同士の絆を深めることが出来るという特長があります。共に過ごすことでお互いを助け合う気持ちが生まれそれが絆を深めることにつながっているからです。また、先生との関係を良くすることが出来るという点も特長に挙げられます。

長く厳しい道のりを共に

メンズと生徒

それぞれのメリット見極め

大学受験を考えたときに、医学部を目指すのであれば塾選びにも気をつけなくてはいけません。まずは、志望大学が国公立大なのか私大なのかを決めることが必要です。実は医学部向けの塾は、私立大学医学部にむけてのカリキュラムを組んでいることが多いのです。塾は合格実績や体験談を載せているので、自分の志望校への合格実績が高い塾を選ぶといいでしょう。医学部を目指すための塾は、総じて授業料は高めになります。特に規模の小さい専門塾は高額になりがちです。ただし医学部を目指すという事は、長い期間厳しい勉強をし続けることです。時にはモチベーションが大きく下がったり、成績が振るわなくて志望校の変更を考える人もいます。そうした場合に、きめ細かく学習指導や進路指導をしてくれる塾、同じ志を持った生徒が切磋琢磨している塾、いろいろな面から自分に合った学習環境を与えてくれる塾を選ぶといいでしょう。大手予備校では、自習室が完備されているところがほとんどです。自宅での学習は、ペースを保ったり誘惑を断ち切ることが大変です。自習室は、学習することが目的の場所であるために、自分を追い込んで学習をすることが可能です。大手予備校では大きな教室での集団授業が基本です。こうした授業は、ネットでも配信されており、全国どこにいてもトップクラスの講師や授業を受けることが可能です。ただし集中力が途切れがちだったり、自己管理に自信がない場合は、少人数制や個別指導の塾を選んで、自分専用のカリキュラムを組んでもらうといいでしょう。